猫と原型師

アクセスカウンタ

zoom RSS 1949 GIBSON ES-350

<<   作成日時 : 2009/01/30 03:08   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

二足の草鞋は履けないということで、長らく封印していたギターですが、今年に入ってからまた弾き始めました。

メインとしてかれこれ15年ほど使ってるのは1949年のGIBSON ES-350。今からちょうど60年前のギターです。 コレクターではないのでオリジナルパーツにこだわりはなく、ブリッジやペグを交換してあれこれセッティングしたプレイヤーズコンディション。 ピックアップは最初期のP-90(後に出るものとは形状が違い試作品に近い感じ)。 ハコギターにP-90の組み合わせがとても気に入っており、歪んでる割にはサスティーンの無い生々しい音が好みです。ちなみに好きなギタリストはTボーン・ウォーカー、ゲイトマウス・ブラウン、ジョニー・ギター・ワトソン、アルバート・コリンズ、エディ・テイラー・・・他にも大勢。

またバンドで演るってわけではないのですが、いろんな音楽を聴いてると弾きたくなるんですよねぇ・・・。


画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
驚いた
1949 GIBSON ES-350 猫と原型師/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる