猫と原型師

アクセスカウンタ

zoom RSS 葛飾柴又を歩く

<<   作成日時 : 2015/04/22 11:47   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

4月19日
行ってきました。
寅さんファンの私にとっては聖地とも言える葛飾柴又へ。


画像
ホームに降り立った瞬間から楽しくてしかたがない。



画像
まずは寅さんに思いを馳せながら帝釈天参道を行く。



画像
寅さんの実家「とらや」のモデルとなった高木屋老舗。



画像
4作目まで撮影に使用された「とらや」(もと柴又屋)。



画像
経栄山 題経寺、通称柴又帝釈天。



画像
「帝釈天で産湯を使い〜」の御神水。



画像
帝釈天から歩いて数分のところにある「寅さん記念館」。



画像
様々な展示物があり楽しめます。



画像
私が最も楽しみにしていた「とらや」(40作目からは「くるまや」)のセット。



画像
実際に映画で使用されていたセットで、大船の撮影所から移設されました。



画像
ここでいろいろあったなぁ・・・。



画像
ここにも座ってたなぁ・・・。
腰を掛けても良いとのことなので失礼して。




画像
ところ変わって「山田洋次ミュージアム」。「寅さん記念館」に併設されています。



画像
食い入るように見てるのは駅前にある寅さん像の原型。



記念館の屋上に上がれば、江戸川の土手に矢切の渡し。 「男はつらいよ」の世界を満喫できました。
上の画像は、人が途切れるのを見計らって撮影したので、少し閑散とした雰囲気に見えますが、実際は休日という事もあり結構な賑わいでした。 次は真冬の平日にしんみり味わうのもいいなぁ。
画像




次回「谷中を歩く」へと続く。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
葛飾柴又を歩く 猫と原型師/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる